ボクのばかハック

自分の考え方がひねくれていると思ってるけど、意外と普通かもしれない。

【超初心者】ibisPaint X アイビスペイント たくさんのペンツールを使った感想

f:id:smzats2017:20190728172309p:plain

 

ろけっとまんです 。

今日は普段、ibisPaint X(アイビスペイント)を使って

イラストを描き始めた人や描こうとしている人は読んでくださいね!

 

アイビスペイントの中にたくさんあるペンツールを比較・確認してみたんやで。

個人的な感想書いてるから参考にして!(なるかどうか知らんけど)

 

これを見て自分のイラストのタッチに相応しいツールを選んで、描こうやで!!

 

 

主なペイントツールの種類

Gペン(ソフト)

定番のペンツールその1やね。

シンプルな線なので、下絵→メインまでなんでもOK。

f:id:smzats2017:20181222214756p:plain

たしか、これもGペン(ソフト)で分からないまま

描いた記憶があるで。

f:id:smzats2017:20190822100846p:plain


 

Gペン(ハード)

定番のペンツールその2やね。

ソフト同様、これ1つでほぼ出来てしまうツールやで。

ボクも大体Gペン(ハード)で線画を仕上げていく事が多いで。

 

ソフトと何が違うんですか?って聞かれそうなんやけど。

 

ソフトと比べると、線が

「グッ!」ってなってるで。

 

うん。

「グッ!」ってなってる。

f:id:smzats2017:20190822100814p:plain

 

Gペン(にじみ)

うん。

にじんでる。

 

f:id:smzats2017:20190822100741p:plain

ペン(ソフト)

細い油性マジックで描いているような線やで。

これだけで描いているとお店のPOPを作っているような感覚になるで。

f:id:smzats2017:20190822105038p:plain

ペン(ハード)

ちょっとだけ太くなった(笑)

f:id:smzats2017:20190822105111p:plain

ペン(フェード)

薄い。

とにかくうっすいペンやで。どこで使うんやろうか・・・・

他のペン画と重ねて使うといい雰囲気になるかもしれません。

 

下書きとかにもいいかも。

f:id:smzats2017:20190822105156p:plain

 

デジタルペン

ガタガタラインで、僕には不要やで。

f:id:smzats2017:20190822105223p:plain

鉛筆(B)

Gペン(にじみ)とペン(フェード)を足して2で割ったような線やで。

ボクは、下絵を描くときに使ってるやで!

 

別にGペン(ソフト)とかでも問題ないんやけど

下絵の雰囲気でるやん?

雰囲気とか気分って大事やと思います(・ω・)

鉛筆(HB)

鉛筆やから、単純にBより薄い。

イメージ通りやった。鉛筆のやわらかーーーいタッチを残したまま

描ききるのが好きな人にはこれが良いと思うやで。

 

知らんけど。

鉛筆(グラファイト)

 要は鉛筆の芯の硬度のことやから・・・・・・

好みの問題だけのような気がするで・・・・

 

もはや鉛筆はBで描いたもののみやで(´・ω・`)

f:id:smzats2017:20190822105259p:plain

 

 

ズラッと並べてみる

 

f:id:smzats2017:20190822100741p:plainf:id:smzats2017:20190822100814p:plainf:id:smzats2017:20190822100846p:plain

f:id:smzats2017:20190822105038p:plainf:id:smzats2017:20190822105111p:plainf:id:smzats2017:20190822105156p:plain

f:id:smzats2017:20190822105223p:plainf:id:smzats2017:20190822105259p:plain

 

こう見ると、ちょっと違いがわかる(´・ω・`)

ボクは下手やから、あんまり関係ないかも😂

 

Gペンソフトで全部いけそう・・・・

 

少しは参考になったかな?

 

それではまたやで!

 

あでゅー(´・ω・`)

 

twitterフォローもよろしくお願いいたします。

 

twitter.com

イラストの免責事項と著作権について

当サイト内に含まれる素材及び、素材以外の画像、イラスト、写真、文章他、すべてに

おいて著作権は当サイトが所有しています。

 

サイト内の画像に文章を付け足したり

アイキャッチなどに使用したいという方はご連絡ください。

転売・再配布など著作権を侵害するような使い方はお断りいたします。

 

サイト内の素材をご利用になったことで、何らかの損害が発生しても

当方は一切の責任を負いかねます。