ボクのばかハック

自分の考え方がひねくれていると思ってるけど、意外と普通かもしれない。

メガネが曇って困る人にオススメ

f:id:smzats2017:20190205143043j:plain



 どうも!ろけっとまん@ぶろがーです。

すこくいいの見つけました!

マスクつけてメガネが曇ることで困っている人などは、必見です!(マジで)

 

まずはこの3枚の写真を見てください!

f:id:smzats2017:20190118010130j:plain

f:id:smzats2017:20190118010143j:plain

f:id:smzats2017:20190118010157j:plain

見ましたか?

それでは、続きをどうぞ!!

 

 メガネで困る理由で、最も多い意見「メガネが曇る」

実は、メガネが曇って困る人がめちゃくちゃ多いのです。

「曇らないレンズってありますか?」って聞いたこともあります。

 

もちろんありましたが、メンテナンスフリーではないし

意外と高かったりします。(数千円のレンズコーティング〜万円いくくらいの品)

 

みんな声を大にして言わないけれど、地味に困るのに

曇り止めの対策は意外と少ない。

そこでみつけたのがジェルタイプの曇り止めでした。

 

更に、キチンとした曇り止めの使い方を知らない人も多いことがわかりました!!

 

 実践したので、見てほしい!

これで明日から曇り知らずになれる!

 

使い方・・・①の写真

 

f:id:smzats2017:20190118010130j:plain

まずは、レンズの表面がきれいな状態にしてからジェルをつけましょう!

写真で見てもわかるように、米粒よりちょっと大きめぐらいに

ジェルをつけよう!

 

※ジェルはレンズの表裏どちらもつけないと曇っちゃうぞ!

 

 

使い方・・・②の写真

f:id:smzats2017:20190118010143j:plain

お分かりいただけるだろうか?

写真の左側のレンズだけJALジェルを塗り込みました。

 

レンズ表面が白く濁っている状態になっています。

塗るときは指でジェルを万遍なくレンズに伸ばしていきます。

 

で、伸ばしていくと徐々に表面が乾いてきて白く濁った写真のような状態になります。

※スプレータイプもレンズに吹きかけてから乾くのを待たないといけません。

「乾かしてから拭き取る」という行動をしないまま拭いてしまう人が多いのです。

 

ジェルタイプはスプレータイプよりも早く乾いてくれるので

時間短縮で使いやすい!

 

乾いたら、ティッシュなどの柔らかいもので拭き取ります。

レンズ表面に膜が一枚残るような感じに仕上がれば完成です!

 

 

結果・・・③の写真 実際やってみた。

f:id:smzats2017:20190118010157j:plain

ぼかしとモザイクで写真が見にくいことは、知ってるw

 

でも、写真のメガネに注目してほしい。

明らかに違いが出ているのが分かると思います。

 

キチンと使用方法を守って使えばこの通り!

 

この商品に限らず、曇り止めの正しい使い方さえすれば

ある程度の効果は見込めるはずです。

 

しかし、あえて言おう。

曇り止めはジェルタイプが良い。

 

曇り止めの持続性も気になるところですが、一日程度なら問題ないと思います。

(使用環境にもよる)

塗り込むときに拭きすぎると、効果が弱くなるんで気をつけましょう!

メガネレンズ以外にも使えそうですが、試していません。

ちなみに水中メガネやコンタクトなどはダメーって書いてありました。説明文はキチンと読んで使って下さいね。

f:id:smzats2017:20190118005024j:plain

 

ボクがつかったのは、コレです。

 

「アンチフォグ」も良かったです。

 

 

以上、現場からろけっとまんがお伝えしました。

 

 

 

では、また。