ボクのばかハック

自分の考え方がひねくれていると思ってるけど、意外と普通かもしれない。

メガネで鼻あての跡が付かなくなる一番良い対策はこれです。

f:id:smzats2017:20190219235325j:plain

ろけっとまん@ぶろがーです。

今日はちょっとしたメガネのお悩みを解決してみせる予定です。

 

テーマは「メガネの鼻あての跡」です。

 

f:id:smzats2017:20190220002139j:plain

 メガネの人は鼻のパットの跡が気になる

メガネを常に着用している男性が4割。女性だと2割程度です。

しかし、メガネ・コンタクトレンズを使用してる人は8割近くいるんです。

 

そしてコンタクトレンズを使用している人はメガネをほぼ持っている人ばかりなのです。

 

このメガネの鼻パットの跡が気になるという悩みは、多くのメガネユーザーを困らせる要因でもあります。

 

特に女性の方に多い意見では

「シミになる」

「ファンデーションがとれる」

など、美容に関係する内容の悩みを多く聞きました。

 

そこで「メガネの鼻パットの跡が付かなくなる」対策をご紹介したいと思います。

 

 

 

付いているパットの種類で変わる

メガネの鼻あては2種類のパターンがあることは皆さんご存知ですよね?

鼻パットが可動式で付いているタイプと鼻パットが一体型のタイプです。

 

この鼻当て可動式のタイプは鼻パットを交換する事が出来ます。

 

・ハードタイプ鼻パット

・シリコンタイプ鼻パット

・クッションシリコンタイプ鼻パット

 

ハードはもちろん硬いもので、もともとメガネに一番多くついているタイプです。

シリコンはズレ防止が期待できるタイプで、一部のメガネにはもともとついてたりします。

 

最後のクッションシリコンが超オススメの鼻パットになります。

メガネ歴20年以上のボクも、鼻の痛さに悩みましたが

このクッションシリコンタイプで一気に変わりました。

 

 

 (シリコンと書いてありますが、クッションパットです)

痛みやズレ落ち、そして鼻パットの跡が軽減できる代物です!

 

目が悪いとレンズも分厚くなって重くなります。

なので鼻への負担も大きくなりますので、この鼻パットを使うことで本当にらくになります。

 

デメリットもあります。

付け根まですべて柔らかいので、他のパットと比べると耐久性が低いです。

 

どれくらい持つかは、正直使う人の環境によるのでなんとも言えません。

ネットで購入したパットの交換は出来ればメガネ屋さんに頼んだほうがいいと思います。

 

メガネのクリーニングついでに頼んでしまえば交換してくれるお店が多いと思います。

 

そして、これだけは伝えたいです。

ホントにおすすめ。

 

メガネの調整でもちょっと変わる

鼻パットの跡や痛さの原因は、メガネのかかり具合の場合もあります。

片方だけ跡がついたりする場合、かかり具合にも原因があると思われます。

 

メガネの悩みアンケート(眼鏡店専門雑誌を熟読したろけっと調べ)でメガネ店を選ぶ基準の1位に

「メガネの調整技術に重点をおく」という項目でした。

 

それぐらいかかり具合が大事だということです。

f:id:smzats2017:20190221102339j:plain

にゃーん

 

(プチ情報)緑色の汚れは「緑錆(ろくしょう)」というサビ

ここでプチ情報。

鼻あてが緑色の汚れが溜まってたり、付け根の金具も緑色になってる人はメガネ屋に持っていきましょう。

 

緑錆というサビなので交換した方がいいです。

ハードパットはサービスで交換してくれるお店も結構ありますよ。

 

鼻あてのないメガネのお話

鼻パットの跡が気になる人が気になるメガネといえば

「鼻あてのないメガネ」です。

 

・NEOJIN(ネオジン)

・Choco see(チョコシー)

 

最初にお伝えします。

レンズの度数が強い方にはオススメしません。

 

どちらもコメカミ付近と耳でメガネのかかり具合を調整するんですが

レンズの度数が強くてレンズ自体が分厚くなるとメガネの重心が前に来ます。

 

コメカミと耳のみで支えることはできますが、長時間のキープは普通のメガネよりも難しいです。

 

度数の強い人の方が鼻パットの跡が悩みなんですが

度数強い人ほどメガネがズレると見え方に影響でます。

 

そこまで目は悪くないけどメガネを掛けてる人にはとてもいいメガネです。

(運転中のみのメガネを使うと、鼻パットでファンデーションが取れてしまうという方など)

 

f:id:smzats2017:20181024151245j:plain

 

鼻あて一体型のメガネを可動式に改良できます

鼻あて一体型のメガネを使っている人も、可動式に帰ることができます。

一体型がプラスチックや樹脂の素材が多いです。

 

メガネのリペアメーカーさんがあるので、メガネの素材によっては稼働式の鼻パットを後付けすることができます。

 

リペアの日数は、相談するメガネ店によっても違うと思いますが

2週間前後を目安にしておけば大丈夫だと思います。

 

 

最後に

鼻のパットの悩みは昔から変わらずある悩みです。

今はパソコンする人も増えてメガネをかける人も増えました。

 

そんな悩みをちょっとでも改善できるはずなので

ぜひ試してください!

 

 

 

 

 

 

 

コンタクトレンズを使用すれば半分くらいは解消してしまうということは

秘密です。

 

 

ろけっとまん@ぶろがーでした。