ボクのばかハック

自分の考え方がひねくれていると思ってるけど、意外と普通かもしれない。

人間関係と自分を守る生き方。人生は選択!なのか?という話

f:id:smzats2017:20180924230453p:image

『人生は選択の連続である』シェイクスピアの名言

 

 そう、人生は選択なのです。

f:id:smzats2017:20181210172139p:plain

ボクもその通りだと感じています。人は一日通して常に選択をして行動をしています。

起きる→一日の行動→寝るという大まかなルーティンの中に

何時に起きて、あの目的地までいってから買い物をして、ご飯の材料の買い出しもして

、帰ってから掃除もして・・・・・などなど

大きな流れの中にも更に細かな選択行動を取りながら人生を歩んでいます。

今回は人生は選択!なのか?という話なんですが、人生は選択ではないんだよ!って言う事を言いたいわけではありません。

 

きっと皆さんも経験があるのではないでしょうか?

選ぶ選択肢がなかった・・・・・

 

ひねくれ者の私はこういった状況がとても気にかかるので

自分を肯定的に受け止められるように考えました。というお話です。

 

「選択」なのに選択肢がない状況

f:id:smzats2017:20181210172139p:plain

このブログを読んでいただいている方でこう思っている人もいるんではないでしょうか?

・進学する学校を選んだのは自分

・働く場所や会社を選んだのも自分

・そもそも親や家族は選べない

・選びたいけど、成績や試験がうまくいかなかった

・そもそもうまくいかなかったのは自分のせい

もちろん、これもそのとおりだと思います。

その中で自分に妥協して選択してしまった人も多いんじゃないですか?

ボクも流されるように選択をして生きてきました。

 

ですが、この話の選択肢がない状況とはこのような大きな節目の部分を指してるのではなく、自分の意思に関係なく相手に共感しすぎたり、その場の空気を読んで行動できなかったりする細かな場面でのお話です。

 

例えば

・目上の人から「紹介した〇〇は良かっただろ?」というような質問

・多数派からの誘い 

・好きでもない相手からめちゃくちゃ慕われてしまった

などが、これに当たります。自分で書いていて少ないなーと感じましたが、もしかしたら小さい頃から結婚相手が決まっているとか、親が再婚して出ていかないといけなくなったなどもそれに当たるのかな?

実際は、厳しい両親のしつけや学校の先生の指導などの幼少期や思春期に

たくさん経験しているのではないかなと思います。

 

つまり、ここでの選択肢がない状況というのは

人間関係で、明らかにパワーバランスに差がある時の選択のことです。

 

そんなの人生の選択じゃないよー、とか

しょうがないじゃん、とか

細かいなー小さいなーと思われてるかもしれません。

確かに小さいことかもしれません。しかし一見、この不公平に見える選択が生きている中で一番多いことも事実です。

 

・上司の飲みに付き合わなければいけなかった

・先輩にパシらされた

 

こんな経験あるんじゃないですか?なくてもある人のほうが多いんじゃないでしょうか。

大体の人が、しょうがなく相手に合わせているんじゃないですか?

 

 

そしてもう一つ、この内容を読んでみて

「そんな、無理やり付き合わせてないから自分は大丈夫」と思ったパワーのある人へ

 

もしかしたら、貴方にとって何でもない発言が相手にとって、ものすごくプレッシャーを与えていたり、「No」と言えない立場なのかもしれませんよ。

 

立場で変わる。選択とは環境で左右されている

f:id:smzats2017:20181210172139p:plain

極端なたとえ話をするなら、ものすごいセレブがコンビニを知らないようなものです。必要なものを買うということに対して、コンビニも選択肢の一つになりますが

生活環境によって、一番低い選択肢になったり

人によっては、選択肢から除外されてしまうと思います。

 

実はあなたの行動は、環境(立場)に支配されてるんじゃないですか?

もちろん、私はバッチリ支配されています(泣)

 

そしてパワーバランスが強い人、もしくは上司よりも部下の方が人数的に多い人は

自分の行動と発言に、気をつけていますか?

 

 

「気をつけてるよ!!」

「ボク・私はやってるよ!」

っと思った方は、気をつけているつもりで

周囲には、まったく伝わっていないと思いますw

あなたの発言で、相手の選択肢はなくなっている可能性は高いです。

 

 

立場が弱めの方へ

f:id:smzats2017:20181210152027p:plain

自分自身で、行動を選択しやすい環境にすることは難しいと言えます。

(ボクもそうなので)

いつも悩んで、ストレスを抱えて、それでも無理して笑って生きてると思います。

そうすることしか出来ないところまで来ている人もいるでしょう。

自分を変えて、環境を変えよう!と頑張っている人もいるでしょう。

どちらも間違ってないし、否定するつもりもありません。

ただ、自分の生活環境の中に3人くらいパワーバランスが一緒の人がいると

ものすごく楽になるそうです。肩の力を抜いて付き合える相手ってことです。

(これは、とある有名な方のお話の中でありました。)

個人的には1人いるだけでも、かなり違います。

そんな人があなたの周りにいることを願っております。

 

そんな人がいない場合は、コメント下さい(笑)

頑張って!とかしか返信できませんが(笑)

 

立場が強めな人へ

f:id:smzats2017:20181210152027p:plain

立場が弱い人とコミュニケーションを取ろうという姿勢は、相手にとっても仕事などをする上でもありがたいし、うれしいことですし、素晴らしいと思います。

しかし、注意点があります。

少しのコミュニケーションで全部分かろうとしないでください。

急に分かってあげようとしないでください。

どうしても心理的に固定観念が働き、自分の思いや考えが全面にでていることが多いです。相手のキャラクターや考え方を決めつけすぎてコミュニケーションを取りがちになります。

 

これは、私が管理職をしていた立場から一番下っ端に戻った経験上の話です。

今まで自分が喋っていた内容が、いかに相手に圧力をかけていたか。

勝手な人物像を作り上げて喋っていたか。

自分はノリで言っても、相手にとっては不快だったか。

思い出すだけで、情けなくなります。

 

パワーがあるということは、貴方が努力や我慢をしてきたからだと思います。

その間に、貴方も気付かないうちに自分がされたことを相手にしていますよ。

 

急に理解しようとするのではなく、本当にゆっくりコミュニケーションを取ることをおすすめします。

そして、ここぞというときに貴方のパワーを見せつけてやればいいのです。

 

自分を勘違いしていませんか?

f:id:smzats2017:20181210172139p:plain

貴方はどちらの環境で生活していますか?

自分の立場をキチンと理解し直すことも貴方の生活を充実させてくれるキッカケになりますよ( ´Д`)

 

下の下の立場からえらそうにすいませんでした。

ろけっとまんより